映画『彼は秘密の女ともだち』あらすじ、作品情報

あらすじ

ローラの葬儀の席上、彼女の親友だったクレールがスピーチ
ローラはダヴィッドと、クレールはジルとそれぞれ結婚した。
二人は互いの花嫁付添人を務め、ローラが一人娘リュシーを出産した際には、クレールがその代母
クレールはダヴィッドとリュシー父娘を見守ることを誓う。
クレールはダヴィッドの家を訪れる。
女装したダヴィッドがリュシーの世話をしていた。
ダヴィッドは元々女装癖があり、ローラもそれを受け入れて結婚した。
リュシーをあやす過程でローラの遺品を身に纏ったことをきっかけに、ローラの遺品を身に着ける
クレールは驚いて帰宅するが、「ヴィルジニア」という名前で登録する。
二人はローラの実家の別荘に旅行する。
夜、二人はナイトクラブ「アマゾーヌ」へ行く。
「私は女」という歌詞の歌に合わせて踊る、ニューハーフのダンサーの姿
不倫の疑いを受ける。
3人での食事の場を設ける。
ジルと二人は和解し、友人関係に戻る。
またリュシーの姿を見たジルとクレール夫妻も、子供を持ちたいという気持ちを強くする。
、ヴィットとジルが肉体関係を持つ幻覚を見てしまう。
クレールと(女装した)ダヴィッドはホテル・ヴィルジニアで会い、情熱的な愛撫を交わすが、クレールは我に返りダヴィッドを拒絶する。
ダヴィッドは高ぶった感情のまま道を歩き、交通事故に遭う。
ジルは、クレールがダヴィッドの唯一の協力者だったことを知る。
ダヴィッドにローラの服を着せ、化粧を施し、「私は女」と歌いかけ、そして”彼女”を「ヴィルジニア」と呼ぶ。
意識が回復したダヴィッドを自宅へ連れ、ジルに「ヴィルジニア」を紹介する。

作品情報

タイトル:彼は秘密の女ともだち

原題:UNE NOUVELLE AMIE/THE NEW GIRLFRIEND

製作年度:2014年

上映時間:107分

製作国:フランス

ジャンル:ドラマ

監督:フランソワ・オゾン

原作:ルース・レンデル

脚本:フランソワ・オゾン

音楽:フィリップ・ロンビ

登場人物

ジル

演:ラファエル・ペルソナ

クレールの夫。ダヴィッドとクレールの仲のすこ~し疑う。

クレール

演:アナイス・ドゥムースティエ

ローラの親友。ダヴィッドの女装癖を知ってビックリするが、徐々に受け入れ仲良くなっていく。

ローラ

演:イジルド・ル・ベスコ

クレールの親友。幼い子を残して亡くなってしまう。クレールといい仲だった!?

ダヴィッド / ヴィルジニア

演:ロマン・デュリス

妻のローラを亡くしたことで女装壁を隠さなくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする